派遣先CSO一覧(関東地区)

- CSOラーニング制度 -

各地区のプログラム

関東地区

アサザ基金

概要

CSOラーニング生が主体となって展開してきた「かっぱん田」に関わる活動(田んぼの維持管理、情報発信、収穫物を活かした展開)をメインに取り組んでいただきたいと考えています。アサザプロジェクトは教育、農林水産業、福祉など多岐にわたる分野で、それぞれを個別ではなく、ひとまとまりの大きな事業として展開していますので、それをみなさんの感覚で動画やWEBなどの企画立案、発信する取り組みを主体的に取り組んでいただきたいです。また活動の集大成として、かっぱん田のフィールドを活かしたイベントの企画立案、運営もコロナ感染状況が許せばやっていただきたいと考えています。

場所

茨城県牛久市

ECOPLUS

概要

・エコプラスの活動に関する情報発信、特に若い世代への発信
エコプラスの魅力をより効果的に伝え、多くの人に知ってもらい関心を高めてもらう方法を一緒に作り上げていきます。エコプラスのHPや過去のインターン生が築いたFacebookなどで、若い世代へ魅力的な発信を期待します。新しい視点、新しい情報発信大歓迎です。

・子どもから学生、社会人までを対象とした各種体験活動のサポート
ミクロネシア連邦ヤップ島や、首都圏や新潟県で実施する自然体験事業に関して、企画作り、告知、広報、事前準備の前段階から現場でのサポート、事後の報告書づくり、アンケート分析など一連の活動を体験してもらいます。

場所

東京都千代田区

オイスカ

概要

オイスカは、アジア・太平洋地域を中心に、農村開発や環境保全活動、また各国の若者がリーダーとして自国の発展に貢献できるような人材育成などに取り組んでいます。インターン生には、こうした取り組みを広く発信する広報活動や、取り組みの下支えとなるデータ整理などを中心に、本人の興味とスキルに応じた仕事をお願いする形になります。国内での森林整備や研修センターでの農作業体験、イベント出展などについても、安全に実施できる状況になりましたら、是非参加いただきたいです。またオンライン報告会やSNSなど、オンラインでの発信も強化したく、こうした海外など活動現場の声を広く発信する取り組みにも是非力を貸してほしいです。

場所

東京都杉並区

オーシャンファミリー

概要

・当団体が行う自然体験活動にリーダー(指導サポート)として関わって頂きます。
・リーダー研修会(月1回開催)で、様々な自然体験活動の技術や安全管理を学び、実践の場で子ども達と一緒に、自然(海)の楽しさや素晴らしさを体験して頂きます。
・里山保全活動(田んぼ、野菜づくり、竹林整備など)も行っているので、興味があれば、里山研修もできます。
・企画や広報活動にも関わって頂きます。

場所

神奈川県三浦郡葉山町

環境エネルギー政策研究所

概要

自然エネルギーを中心とした持続可能なエネルギー社会作りのための実践的な調査研究を国内外のインターン生と共に行います。

・地域主導型の再生可能エネルギー事業のための政策づくり、仕組みづくりに参加し、地域自然エネルギー事業と政策の実践について学ぶ。
・データの見える化、ウェブサイトや東アジアのエネルギー転換ウェブサイトのためのデータの収集、記事執筆を行い、客観的な事実に基づく情報の整理を行う。
・各種研究会運営に参加し、現場の問題への幅広い視点からの解決策の議論を学ぶ
・オンラインイベントの運営を行い、世界と日本の自然エネルギーの現状を学ぶ。

場所

東京都新宿区

環境文明21

概要

菅前総理の2050脱炭素宣言、COP26などを受け、国内外で脱炭素化に向けた動きが加速していますが、その実態はまだまだです。そうした中で、目標達成に向けて、どのような価値観や制度が必要なのかといった根本的なことを議論し提言する活動を、次世代を担う若者として、一緒に考え、進めていきます。具体的に今年は憲法に環境原則を導入すること、さらに脱炭素時代を生きるための環境倫理の提案活動に力を入れる予定です。

場所

東京都大田区

共存の森ネットワーク

概要

中高生を対象にした環境教育プログラムの運営(一部企画含む)に携わっていただきます。全国の高校生を対象とした「聞き書き甲子園」、都内の中学生を対象とした「きく・かく・えがく ~東京のふるさと・自然公園~」、全国の水産高校などがアマモ場の再生活動をはじめとする海辺の自然再生活動の成果を発表する「海辺の自然再生・高校生サミット」が主なプログラムです。社会にインパクトを与えるためにはどうすればよいかを考え、新たな取り組みなども提案、実行してもらいたいと思います。

場所

東京都世田谷区

コンサベーション・インターナショナル・ジャパン

概要

自然の保全を通じて、持続可能な社会を実現することをミッションとして、1987年米国で創設された国際NGO。アジア、アフリカ、ラテンアメリカ、太平洋に拠点を置き、世界で約1,000名のスタッフが、「科学」、「パートナーシップ」、「現場での実践」を柱に活動している。CIジャパンは、1990年より国内での活動を開始し、主に企業や政府との連携による気候変動、自然資本プロジェクトの形成および実施や途上国への持続可能な発展への支援、人々の行動変容を促すための広報普及啓発活動を推進している。インターン生の仕事は、CIジャパンの事業内容を理解いただいた上で、ご本人の興味とスキルに応じ、相談の上決定します。

場所

東京都新宿区

CDPジャパン

概要

各事業担当者の指示のもと、以下の活動の支援を行っていただきます。
(1)企業や自治体の気候変動や持続可能性に関する情報開示活動にかかるエンゲージメント活動
(2)各種映像、デジタルコンテンツ及びコンテンツソフト等の企画、開発、制作、配信及び販売
(3)イベント、セミナー、各種教室、講演会等の企画、運営、開催
(4)気候変動や持続可能性についての普及啓蒙及び情報発信事業
(5)出版事業
(6)その他当法人の目的を達成するために必要な事業

場所

東京都千代田区

自然環境復元協会(NAREC)

概要

自然環境復元協会(通称NAREC)が行っている事業のひとつである、「レンジャーズプロジェクト」を中心に団体の運営に関わっていただきます。レンジャーズプロジェクトは、自然を守っている団体とボランティア希望者をつなぐマッチングプロジェクトで、週末の3時間で気軽にできる環境保全ボランティアです。実際に関東でのボランティア活動に参加していただきます。
その他、オンラインセミナーやオンライン説明会の準備から当日の進行までを担っていただきます。また、プロジェクトや団体を多くの方に知ってもらうための広報のお手伝いもしていただく予定です。

場所

東京都新宿区

JUON NETWORK

概要

今年度で第24期を迎える「森林ボランティア青年リーダー養成講座in東京」(11月〜1月の全5回を予定)の企画運営(企画、広報、準備、実施、報告)を中心に行っていただきます。

場所

東京都杉並区

樹木・環境ネットワーク協会

概要

樹木・環境ネットワーク協会では、全国で活動を展開している環境NPOです。主に里山など身近な緑地の整備・保全活動を行っています。インターン生には、保全活動への参加や自然体験活動へスタッフとして参加しながら、活動ブログなどを通じて広く情報拡散をしてもらうような活動を担っていただきます。整備した森では、環境教育活動や企業団体との協働した活動も実施。そうした活動の企画から準備、実施等に関わることができます。また、一部はテレワークでの業務も可能ですが、基本はオフィスと現場での活動になります。

場所

東京都千代田区

新宿環境活動ネット

概要

【1】小学生向けオンラインワークショップの企画・実施
「エコギャラリー新宿」では、様々な企業・団体等と連携しながら、年間80件ほどの出前授業やワークショップを実施しています。こうした学びの場を実施するまでの一連の業務サポート(企画準備・打ち合わせ・アンケート集計など)や、当日はファシリテーターをお願いします。これらの経験を活かし、最終的には講師としてオンラインワークショップの立案~実施に挑戦していただきます。

【2】環境日記・環境絵画コンテストの運営事務局

【3】『まちの先生見本市!』イベント事務局
区内最大級の環境イベント『まちの先生見本市!』の運営に携わっていただきます。

【4】その他

場所

東京都新宿区

高木仁三郎市民科学基金

概要

①高木基金の助成先(国内及びアジア)の研究成果や、助成先が取り組む社会課題の問題性などを、わかりやすく一般に知らせ、助成先の活動をバックアップする活動。そのための助成先ヒアリング、報告会や交流会の企画運営、ウェブサイト・SNSでの発信、クラウドファンディングなど。(インターン生の適性や希望に応じます。)
※高木基金の助成先・助成研究の内容は、ウェブサイトに掲載しています。→ http://www.takagifund.org/archives2/top.php

②原子力市民委員会の運営サポート(イベントの運営補助、SNSでの情報発信など)
※①、②とも、語学力を活かせる活動もあり。

場所

東京都新宿区

WWFジャパン

概要

WWFは100カ国以上で活動している環境保全団体で、1961年にスイスで設立されました。人と自然が調和して生きられる未来をめざして、サステナブルな社会の実現を推し進めています。急激に失われつつある生物多様性の豊かさの回復と、地球温暖化防止のための脱炭素社会の実現に向けて、希少な野生生物の保全や、持続可能な生産と消費の促進を行なっています。今回のプログラムでは、環境問題について学び、環境課題に対して働きかける人を増やして行くことを目的とするグループ内で、特にユース世代への働きかけに、一緒に取り組んでくださる方を募集します。

場所

東京都港区

日本環境教育フォーラム(JEEF)

概要

日本環境教育フォーラム(JEEF)は、体験と対話を重視した環境教育で、持続可能な社会づくりを担う人材を育成するNGOです。
インターン生には、日本国内や海外の環境教育プログラム(自然体験活動やワークショップ、研修等)の企画・運営をしていただきます。また、環境教育や団体の取り組みを応援いただく方を増やすための会員・寄付拡大に向けたファンドレイジングにも携わっていただきます。

【活動例】清里ミーティングの企画・運営、機関紙「地球のこども」の取材・編集、インドネシアやバングラデシュでの環境教育支援など
*インターン生の興味のある分野やスキルに応じて活動内容は相談の上、決定します。

場所

東京都荒川区

日本環境協会

概要

➀全国で環境活動をしている「こどもエコクラブ」(登録9万人)と適宜コミュニケーションを取りながら、子どもたちが実際にどんな活動をしているのかを把握し、活動のステップアップに役立つようなアドバイスを専門家の方とともに考え、送っていただきます。また、企業・団体が実施している環境活動・CSR活動と子どもたちの活動双方が活性化するような協働活動を企画し、双方への提案、運営、実施後の発信など一連の業務をスタッフと共に行っていただきます。

➁環境に配慮した商品やサービスにつけられる環境ラベル「エコマーク」について、国民に広く周知・認識してもらうための企画や方策についてスタッフと共に考えていただきます。

場所

東京都千代田区

日本自然保護協会

概要

当会では全国規模の人的ネットワークを活かした自然保護活動を多数実施しており、このうち2022年度のインターンシップでは、最新の自然保護情報の普及啓発活動や、全国で活動する市民の活動支援に関する業務のサポートを担っていただきます。具体的には①生物多様性条約締約国会議などの国際的な自然保護情報の収集と国内NGO・市民セクターへの情報共有・普及啓発活動の業務補助、②各地の市民調査員と進める全国規模の里山モニタリング調査事業のデータ処理・調査活動広報の補助、③全国の自然観察指導員や保育士・大学生と新たに進めることを目指した「乳幼児への環境教育」の指導者養成講座の運営補助、などを予定しています。

場所

東京都中央区

パブリックリソース財団

概要

1、オンライン寄付サイトGive One(ギブワン)集客や、寄付金額アップのための戦略づくり、そのためのデータ分析や情報収集
2、寄付先団体(CSO、NPO等)とのコミュニケーション
3、生物多様性保全に関する啓発活動の支援 など

具体的な内容は、インターン生の興味とスキルに応じ、ご相談の上決定します。
それぞれの方の長所や得意分野を生かせるような業務をお願いしたいと思います。

場所

東京都中央区

森づくりフォーラム

概要

≪森づくりフォーラムは、森づくり団体のネットワークづくりとサポートを中心に据えて、森づくり団体・森林所有者・行政関係者・企業等をつなぎ、「森とともに暮らす社会」の創出をめざして活動している団体です。≫

◎森林に関する情報の収集・発信や、森づくりフォーラムが主催する森づくり活動やイベントのスタッフとして運営業務に当たっていただきます。

場所

東京都文京区