派遣先CSO一覧(関東地区)

- CSOラーニング制度 -

2020年6月19日(緊急のお知らせ④)

応募締切が6月30日(火)になるなど、今年度の運営方針を確定いたしました。
内容については下記リンクをご確認ください。

<制度全体についてのお問い合わせ>
SOMPO環境財団:03-3349-4614
(電話応対の時間は9:00~17:00になります)

2020年6月9日(緊急のお知らせ③)

派遣先団体が変更になりました。
派遣先団体、プログラム内容はこちらをご覧ください。

<制度全体についてのお問い合わせ>
SOMPO環境財団:03-3349-4614
(電話応対の時間は9:00~17:00になります)

2020年4月24日(緊急のお知らせ②)

4月16日に、政府発出の緊急事態宣言が全国に拡大されたことを受けて、制度の運営方針を変更いたしました。
変更内容については下記リンクをご覧ください。

<制度全体についてのお問い合わせ>
SOMPO環境財団:03-3349-4614
(電話応対の時間は10:00~16:00になります)

<CSOでの活動内容についてのお問い合わせ>
※緊急事態宣言の発令にともない、現在連絡のつきにくい団体もあります。
電話、メール等で連絡のつかない団体へのお問合せについては、上記SOMPO環境財団へご照会ください。

2020年4月8日(緊急のお知らせ)

4月7日の政府発令の緊急事態宣言を受けて、現在制度の運営方針の見直しを行っております。
内容については決定し次第こちらのページにてお知らせいたします。

<制度全体についてのお問い合わせ>
SOMPO環境財団:03-3349-4614
(電話応対の時間は10:00~16:00になります)

<CSOでの活動内容についてのお問い合わせ>
※緊急事態宣言の発令にともない、現在連絡のつきにくい団体もあります。
電話、メール等で連絡のつかない団体へのお問合せについては、上記SOMPO環境財団へご照会ください。

各地区のプログラム

関東地区

ECOPLUS

概要
・エコプラスの活動に関する情報発信、特に若い世代への発信
エコプラスの魅力をより効果的に伝え、多くの人に知ってもらい関心を高めてもらう方法を一緒に作り上げていきます。エコプラスのHPや過去のインターン生が築いたフェースブックなどで、若い世代へ魅力的な発信を期待します。新しい視点、新しい情報発信大歓迎です。
・子どもから学生、社会人までを対象とした各種体験活動のサポート
ミクロネシア連邦ヤップ島や、首都圏や新潟県で実施する自然体験事業に関して、企画作り、告知、広報、事前準備の前段階から現場でのサポート、事後の報告書づくり、アンケート分析など一連の活動を体験してもらいます。
場所 東京都千代田区

オイスカ

概要 オイスカは、持続可能な社会づくりを目指し、アジア・太平洋地域を中心とした農村開発や環境保全活動、また各国の若者がリーダーとして自国の発展に貢献できるような人材育成などに取り組んでいます。
インターン生には、こうした取り組みを広く発信する広報活動やイベント出展のお手伝いを中心に、事務作業や国内現場でのお手伝いなども含めて本人の興味とスキルに応じた仕事をお願いする形になります。
なお希望者には海外の現地プロジェクトの短期インターン(旅費・現地滞在費等は自費)も組み入れ、帰国後に現地での経験を活かした広報活動を展開していただくなど、現地と日本をつなぐ仕事をしていただきたいと考えています。
場所 東京都杉並区

オーシャンファミリー

概要 当団体が行う自然体験活動にリーダーとして関わって頂きます。また、ご自身の興味関心に応じて、野菜づくり、米づくり、シイタケ栽培、里山保全活動、広報活動にも関わって頂けたらと思います。
場所 神奈川県三浦郡

環境エネルギー政策研究所

概要 自然エネルギーを中心とした持続可能なエネルギー社会作りのための実践的な調査研究を国内外のインターン生と共に行います。
  • 地域主導型の再生可能エネルギー事業のための政策作り、仕組みづくりに参加し、地域自然エネルギー事業と政策の実践について学ぶ。
  • データの見える化ウェブサイトや自然エネルギーと社会的合意ウェブサイトのためのデータの収集、記事執筆を行い、客観的な事実に基づく情報の整理を行う。
  • 各種研究会運営に参加し、現場の問題への幅広い視点からの解決策の議論を学ぶ
  • 自然エネルギー世界白書の翻訳や自然エネルギー白書の作成に参加し、世界と日本の自然エネルギーの現状を学ぶ。
場所 東京都新宿区

環境文明21

概要 パリ協定後、世界は脱炭素社会に向け舵を切りましたが、日本はそうした動きに大きく後れを取っています。
遅れを取り戻し、持続可能な社会づくりに貢献するには、私たちの価値観や制度、経済システムを変えていく必要があります。
そのための具体的方策について、様々なセクター・年齢の方と議論し、その意見を取りまとめ、社会に働きかけていく活動の一翼を、次世代の一員として担っていただきます。
場所 東京都大田区

コンサベーション・インターナショナル・ジャパン(CIジャパン)

概要 CIジャパンは、「自然を守ることは、人間を守ること」をスローガンに、企業や政府、他団体など様々なパートナーシップを持ちながら、政府への政策提言から、現地プロジェクトの実施、日本企業との連携、また広報普及啓発活動として、シンポジウム・セミナーの開催など、様々なアプローチで持続可能な社会へ向けて働きかけています。
インターン生の仕事は、CIジャパンの事業内容を理解いただいた上で、ご本人の興味とスキルに応じ、相談の上決定します。
場所 東京都新宿区

CDP-Worldwide-Japan

概要 各事業担当者の指示のもと、以下の活動の支援を行っていただきます。
(1)企業の気候変動や持続可能性に関する情報開示活動にかかるコンサルティング事業
(2)各種映像、デジタルコンテンツ及びコンテンツソフト等の企画、開発、制作、配信及び販売
(3)イベント、セミナー、各種教室、講演会等の企画、運営、開催
(4)気候変動や持続可能性についての普及啓蒙及び情報発信事業
(5)出版事業
(6)その他当法人の目的を達成するために必要な事業
場所 東京都千代田区

自然環境復元協会(NAREC)

概要 自然環境復元協会(通称NAREC)が行っている事業のひとつである、「レンジャーズプロジェクト」の運営へ主に関わっていただきます。
当プロジェクトは、自然を守っている団体とボランティア希望者をつなぐマッチングプロジェクトで、週末の3時間で気軽にできる環境保全ボランティアです。事務局での作業と併せ、実際に関東でのボランティア活動に参加をしていただく予定です。
また、希望者には農山漁村のサポートをしている「ふるさと未来創造プロジェクト」の事業で地方に同行してもらうことも予定しています。自然と人・地域と人・人と人をつないでいくため、一緒に運営に関わっていただきます。
場所 東京都新宿区

JUON(樹恩)NETWORK

概要 今年度で第22期を迎える「森林ボランティア青年リーダー養成講座in東京」(11月〜1月の全5回を予定)の企画運営をしていただきます。
場所 東京都杉並区

樹木・環境ネットワーク協会

概要
◆樹木・環境ネットワーク協会は、「森を守る・人を育てる・森と人を繋ぐ」の3つのテーマで活動を行っているNPOです。
①森を守る…協会が管理するフィールドでの森づくり、里山再生
②人を育てる…グリーンセイバー資格検定、自然体験プログラムの企画・運営
③森と人を繋ぐ…企業のCSR活動のサポート、さまざまな主体との協働
◆インターン生活動内容
森づくりなどの各活動に参加、観察会・講座・出展行事でのスタッフ、環境教育プログラムや企業のCSR活動の企画・運営、SNS等を使った広報をはじめとする事務処理等の日常業務 等
場所 東京都千代田区

新宿環境活動ネット

概要
【1】こども向け環境教育事業
  • ワークショップのファシリテーター、講座の企画立案~実施エコギャラリー新宿では、様々な企業・団体等と連携しながら年間80件ほどの出前授業・ワークショップを企画・実施しています。こうした学びの場をファシリテーターとして支えていただくだけでなく、インターン生の方にも講師としてワークショップの企画・実施に挑戦していただこうと考えています。
  • 環境日記・環境絵画コンテストの運営事務局
【2】新宿の環境学習応援団『まちの先生見本市!』イベント事務局
区内最大級の環境学習イベント『まちの先生見本市!』の事務局スタッフとして、企画・運営に携わっていただきます。
場所 東京都新宿区

高木仁三郎市民科学基金

概要 ①高木基金の助成先(国内及びアジア)の研究成果や、助成先が取り組む社会課題の問題性などを、わかりやすく一般に知らせ、助成先の活動をバックアップする活動。
そのための助成先ヒアリング、報告会や交流会の企画運営、ウェブサイト・SNSでの発信など。
※高木基金の助成先・助成研究の内容は、ウェブサイトに掲載しています。→ http://www.takagifund.org/archives2/top.php
②原子力市民委員会の運営サポート(イベントの運営補助、SNSでの情報発信など)
※①、②とも、語学力のある方には、海外の助成先・協力者との通信、資料の翻訳など、語学力を活かせる活動もあります。
場所 東京都新宿区

WWFジャパン

概要 WWFジャパンは、野生生物の保護、森林や海洋保全、地球温暖化の防止といった分野で活動を展開しています。
  1. 気候変動(地球温暖化)・エネルギーグループに加わっていただき、地球温暖化の進行をとめることを目的とした活動の一環としての各種調査、資料作成、イベント開催補助。
  2. WWFジャパン保全活動全般を支えるため、多くの方々に現状現状を知ってもらうよう働きかけ、活動内容を理解共感してもらうようお伝えし、一人でも多くの支援や参加を促すコミュニケーションプラン立案・実行管理
の2つのプログラムを用意しております。
場所 東京都港区

日本環境教育フォーラム(JEEF)

概要 ①「市民のための環境公開講座」(9~12月に9回程度/平日夜/新宿)
②国内の環境教育事業の運営補助(平日/事務所または屋外)
③「ジャパンGEMSセンター」(通年/土日あり/屋内)
④会員等への情報発信やリサーチ、HP更新等(平日/事務所)
場所 東京都荒川区

日本環境協会

概要 全国で環境活動をしている「こどもエコクラブ」(登録10万人)とコミュニケーションを取りながら、企業・団体の環境活動・CSR活動とをつなぎ、それぞれの活動が活性化するような協働活動を企画・運営していただきます。
場所 東京都千代田区

パブリックリソース財団

概要
  1. オンライン寄付サイトGive One(ギブワン)集客や、寄付金額アップのための戦略づくり、そのためのデータ分析や情報収集
  2. 寄付先団体(CSO、NPO等)とのコミュニケーション
  3. 生物多様性保全に関する啓発活動の支援 など。
    具体的な内容は、インターン生の興味とスキルに応じ、ご相談の上決定します。それぞれの方の長所や得意分野を生かせるような業務をお願いしたいと思います。
場所 東京都中央区

ボルネオ保全トラスト・ジャパン

概要 団体の活動をより多くの方に知ってもらうための広報活動やイベント運営を担当していただきます。少人数の職場なので仕事の内容は多様。
ウェブサイト記事の企画および執筆、イベントの運営補助などが担当業務となります。小規模NPO法人の運営体験を通じ、社会貢献活動、環境保護団体で働くことの楽しさや難しさを体験してください。
場所 東京都品川区

森づくりフォーラム

概要 ≪森づくりフォーラムは、森づくり団体のネットワークづくりとサポートを中心に据えて、森づくり団体・森林所有者・行政関係者・企業等をつなぎ、「森とともに暮らす社会」の創出をめざして活動している団体です。≫

◎森林に関する情報の収集・発信や、森づくりフォーラムが主催する森づくり活動やイベントのスタッフとして運営業務に当たっていただきます。
場所 東京都文京区