「市民のための環境公開講座」は、市民の皆様と共にSDGsをはじめとする地球上の諸問題を理解し、それぞれの立場でサステナブルな未来に向けて具体的に行動することを目指します。30年目を迎える本年は「認識から行動へー地球の未来を考える9つの視点」を全体テーマとし、さまざまな切り口で地球環境とわたしたちの暮らしのつながりを考えます。
オンライン講座 無 料
03 伝統知と生態系を活かした防災・減災
8/3 18:00 - 19:30

伝統知と生態系を活かした防災・減災

深町 加津枝氏
深町 加津枝 氏 京都大学 准教授

気候変動にともない洪水や土砂災害などの自然災害が増加し、多角的な自然災害リスクへの適応が求められています。歴史を遡ると、日本の各地に自然災害に適応するための伝統的な知識、地域独特の知識を活用した方策がありました。こうした伝統知や生態系がもつ多様な機能を活用した防災・減災の方法を紹介し、豊かな自然の恵みと防災・減災が両立する地域社会の実現に向けた取り組みについて皆様と一緒に考えたいと思います。